最近、様々な業界で「GIS」という言葉をよく耳にします。
「GIS」とは、一体何なのでしょうか?
     GIS「Geographic Information System」の略です。これは、「地理情報システム」と言われてます。
     地理的情報を総合的に連携・管理・利用・公開までを自在にするシステムです。
     一枚の地図の中に、あらゆる情報が入っているものだと想像してください。
     地図とは言っても、紙面上のものではなく、地図を特定の課程において、
     電子化(ベクター化)したものです。コンピュータ内にある情報(データベース)連結(リンク)し、
     ユーザーが望んだ
情報を素早く取り出す(検索する)ことが出来るのです。
     ※ 図1参照
図1
     図1の様に、GIS化したい対象図面を、電子化しておきます。
     GISを作成するには、「エンジン」というものが必要になります。当社の場合「Pc-mapping」と「GEOSIS」と
     いうエンジンを用いています。図1は「Pc-mapping」で作成したものです。
 GIS作成・検索・印刷までの過程 
     説明に使用する図面(データ)は、公図を使用しています。
     広い地域をまとめるには大変な手間がかかりますが、用途に応じて機能を設定することが出来ます。
このシステム構成の場合、大字(地名)別に出力が出来るようになっています。出力したい大字(地名)付近を拡大
します。
  ※ 図2参照
図2
エンジン機能を使用し、大字界を選択します。すると、選択した大字(地名)のラスタ(公図)が表示されます。
  ※ 図3参照
図3
後は、エンジン機能を使用し、印刷を実行すれば完了です。用紙サイズとスケールは、任意に変更が可能です。
GISならではの個別情報の閲覧と検索が可能です。
情報の密度は、エンドユーザー側との相談に応じますが、このシステムの場合は所有者や公図面積、
現地の写真をご提供しております。
  ※ 図4参照
図4
筆界の情報を閲覧してみましょう。筆に入っている情報は、表示されていない所にも存在する場合があります。
  ※図5-1、図5-2参照
  
          図5-1 図5-2
図5-1の様に、筆界の内部(紫色に反転しているところ)の中には、色々な情報が入っています。
しかし、これでは使い勝手が良くないので、目的の情報を検索機能を使用し、一発検索することも可能です。
  ※図6-1、図6-2参照
  
図6-1 図6-2
検索後は、図6-2の様に、検索された場所を自動的に拡大表示します。
なお、検索結果が複数ある場合(例えば、所有者が市町村など)は、全域にまとめて表示されてしまうので
エンジンの機能「選択箇所巡回表示」を使用することによって、順に閲覧できることも可能です。
このように、あらゆるデータの検索閲覧ができるシステムの事を「GIS(地理情報システム)」といいます。
ご紹介した機能は一部ですが、エンドユーザ様とのご相談に応じ、使い勝手の良いGISシステム構築作りを
目指しております。
  詳細は、弊社代表アドレスメールしてみる!か掲示板へ、お気軽にお尋ねください。








戻る  次へ